映画 「桜 ふたたびの加奈子」

 春が足踏みしている、朝夕はストーブに火をつける日が続く。
昼間のお天気も不安定で晴れていても、どんよりした雲が広がったり、冷たい雨が降ったり、
風が木々を揺らすほど強くなったりと、気まぐれに変わる。

 「桜 ふたたびの加奈子」が、今日を最後にPM7:30からの1回のみ上演になるので、
12:30からの2回目を観に出かけた。
(夕方出かけて、夜の部を観るのは億劫になった。年のせい?)
途中でフロントガラスに雨粒が落ちてきたが、しばらくして止んだ。
道路が混んでいないので、スムーズにTOHOシネマ岡南に着いた。
無料駐車場が4階と屋上にある。
平日の今日は4階も半分程度空いていた。
(前回は、春休みだったので屋上も満杯であった。)
チケットを買って、席に着くと画面は予告編をしていた。

 主演は広末凉子と稲垣吾郎で、5歳の女の子を交通事故で失った夫婦を演じる。
亡くなった我が子のことが忘れられない母親は、自殺をしようとするが、
死んだ加奈子の通報で助かる。その時から母親は、我が子は生まれ変わってくると思い始める。
(通報をしたのが、誰かは分からなかったが、最後になってはっきりとえがかれた。)
夫婦関係がぎくしゃくしてくるが、夫は支え続けようとする。
一度は離婚するかと思えたが、妹もできて新たに家族が生きていく。

 高校生で妊娠しシングルマザーになって、育児に苛立ちを見せるが、母性を見いだしていく正美。
そして、正美に好意を寄せる不登校気味の直也。
加奈子が入学することになっていた小学校の女教師は、できちゃった婚で退職する。
女教師は正美の理解者である。
この2人の産んだ子が、生まれ変わりとしてえがかれている。

 無駄な言葉や動きが無く(遊びがない)、シンプルな感じがする。
そして、シーンの一つ一つがデジカメ画像のような切り口で切り替わっていく。
明るい桜や暗い桜が心の動きを出している。
最後の弦楽重奏(佐村河内守による作曲・音楽)が重厚に響いてくるが、
私の心には明るいものを残して観終わった。

 最近、SMAPに関心を持っている。
SMAPメンバーが本格的に出演している映画を観るのは始めてだ。
 
[PR]
by juneyo | 2013-04-12 22:05 | 映画