カテゴリ:京都( 7 )

京都一日旅行

18日には仕事の帰りに駅で乗車券と特急券を購入し新幹線の時刻表を貰う。
そして、駅駐車場にも行き、19日に駐車予約と料金の前払いをしました。
出発を、前日は1便早い時刻にする気持ちでいたのに、朝になって遅い便にしました。
駅の駐車場に行くと、係の人が「朝来たら車がないのでどうしたのかと思っていた」と言う。
「遅い便にしてしまって・・・・」と私。「心配かけてすみませ~ん」と私。

新幹線は自由席。博多発なので、自由席が空いているかどうか心配していたが、案の定立ちでした。ラッキーなことに、姫路で坐ることができました。場内アナウンスで「本日は自由席に空席がありませんが、申し訳ありません」と。やはり、休日の秋の行楽日和だけにしょうがないでしょう。
乗客もそれを承知しているでしょう。
京都駅は初めて、なんだか羽田空港並の造りの雰囲気がありました。
バスステーションに行き、市内バス一日500円券を購入、市内バスを待つ時間が長い。
南禅寺方面のバスの乗っても、渋滞で時間がかかる、ぎゅうぎゅう詰め、運転手さんが乗客がある毎に「ステップから上に上がってください、ドアが閉まりません」とアナウンス。
これもしかたがないこと。
予定通り京都会館美術館前で下車しました。
「琵琶湖疎水記念館」と「無りんあん」を目指しました。どっちも行って良かったです。
「インクライン」から「蹴上」へ行く計画にしていたが、南禅寺前の交差点でインクラインへの道に迷ってしまいました。周辺をあちこち歩いて、「南禅寺」の三門の参道に入りました。
南禅寺への参道には湯豆腐・京懐石の有名店が並んでいます。順番待ちで並んでいる行列が門からあふれ出ているお店もありました。三門に上がって拝観し、京都市街を眺望。
疎水の水路閣へ足を運びました。

見物客の歩みの流れに乗って「永観堂」へ、南門から入ったようです。
釈迦堂・阿弥陀堂と廻り、多宝塔へも上がりました。多宝塔からは京都市街を眺望。
思っていたほど紅葉が見応えがなく残念でした。その年の色づきによるでしょう。
永観堂の総門を出て、参道を下りました。総門から右に行くと「哲学の道」から「銀閣寺」へ通じます。こっちは以前に行ったので今回は行きませんでした。

市バスに乗って真如堂へ行く計画でしたが、バス通りに出たのはいいのですが、東天王町のバス停で間違えてしまいました。知恩院前の停留表示に、乗り間違えに気づいたのですが、乗ったバスは八坂神社から祇園に出てしまいました。四条烏丸で降りて、タクシーで東福寺へ行くことにしました。
帰ってから、ガイドブックをよくよく見ると、東天王町のバス停は同じでも通りが違う方にあるのが真如堂へ行くバスが通っていました。残念でした。

東福寺も見物客で溢れていました。3時を過ぎていたので、薄曇りの空は日が薄くなり、寒さが感じられました。東福寺から京都駅まで市バスを利用したかったのですが、またまた、タクシーにしてしまいました。一日500円の市バス券が440円しか乗車できなかったことも残念でした。
タクシーで京都タワー前まで。

小学校勤務の時には修学旅行が京都・奈良方面なので、京都タワーも眺めていましたが、入ったことはありません。せっかくのチャンスなので屋上展望台まで上がってみました。
360度のパノラマ。清水寺・永観堂多宝塔・東西本願寺・平安神宮・東寺五重塔など・・・・。

京都発17:45のひかりで新大阪へ、乗り換えて新大阪発18:11ののぞみで帰ってきました。
帰りは坐ることができました。
良い旅行になりました。
[PR]
by juneyo | 2005-11-20 13:38 | 京都 | Comments(0)

京都へ

b0045709_16583110.jpg

東福寺 開山堂(常楽庵)

京都屈指の紅葉の名所と言われるだけに、見物客の多いこと!!
拝観入場にも並んで進んで行きました。
3時頃に行ったので、ゆっくりできなかった。
通天橋からの眺めは、いまいちでした。
紅葉のきれいな年は、見応えがあるでしょうね。

開山堂の庭園は市松模様に石が掃かれていた。
[PR]
by juneyo | 2005-11-19 16:58 | 京都 | Comments(0)

京都へ

b0045709_16563150.jpg

永観堂 禅林寺の参道

「もみじの永観堂」と言われている。
拝観券は紅葉したもみじの図柄でした。

19・20・23日は地元県内のバスツアーが京都への
日帰りツアーを募集していた。
申し込もうかなと思ったが、自由に見物してみたかったので・・・。
ちょうど同じ頃、バスツアーの○○観光バスが入ってきた。
多宝塔からは京都の市街が一望できる。
[PR]
by juneyo | 2005-11-19 16:56 | 京都 | Comments(0)

京都へ

b0045709_16541980.jpg

南禅寺境内の琵琶湖疎水が流れる水路閣

煉瓦作りのアーチ形の水路閣、上り坂を上がって山側に上がると、
水路閣の水の流れがある。
洋風と和風のコントラスト。紅葉のスポットになっている。
ヨーロッパにも町中を橋上の水路が巡っている国がテレビで紹介されていた。
[PR]
by juneyo | 2005-11-19 16:54 | 京都 | Comments(0)

京都へ

b0045709_1652734.jpg

南禅寺の参道と三門

人・人・人であふれています。
三門は高さ22m、左右にある階段から楼上にあがると「絶景かな」の
眺めです。楼上には釈迦坐像が本尊として鎮座しています。
この釈迦坐像はここから、京都の町を祈っているのでしょう。

参道には湯豆腐の有名店があり、順番待ちの行列が お店の門から
あふれていた。ガイドブックに載っているお店かな。
[PR]
by juneyo | 2005-11-19 16:52 | 京都 | Comments(0)

京都へ

b0045709_16435553.jpg
琵琶湖疎水記念館

1885年(明治18年)から5年をかけて完成した、
琵琶湖の水を京都へ引き、水道と水力発電により
市民の生活と路面電車や工業の発達を生み、
明治に東京が首都となり活気を失っていた京都に活力を生み出した。
工事の様子が緻密な線画で疎水工事絵画として展示されている。
47mの高さの竪穴を掘り、地下の土砂を地上に運び出していた説明図は
インパクトが強かった。
この琵琶湖疎水工事を発案した田邊博士は大学の卒論でこのことを
草稿していた。卒業後は京都でその指揮をとった。
まさに、明治のプロジェクトXですね。

琵琶湖疎水について
琵琶湖疎水記念館
[PR]
by juneyo | 2005-11-19 16:43 | 京都 | Comments(0)

休養日

11月3日 (木) 21℃
 ゆっくりと休養した。
朝がゆっくり、起きたのは○時。普通に家事をして庭の手入れ。
午後からどこかに出かけようかと思ったが、今日はゆっくり家で休むことにした。
ほんとに久しぶりにゆっくりできた。

 今月末には秋の京都へ日帰りで行く計画。
行き先は南禅寺周辺、哲学の道から銀閣寺までは足を延ばさない。
時間があれば東福寺へ行きたい。
今年は冷え込みが少なく、美しい紅葉が心配されているが・・・・・・・。

写真は1987年11月29日・金閣寺で
b0045709_22325622.jpg
 
b0045709_22335459.jpg

[PR]
by juneyo | 2005-11-03 22:31 | 京都 | Comments(0)