望郷 (森瑤子 著書)

 ニッカウヰスキーの創業者である竹鶴政孝とその妻リタの出会いから
生涯を描いた本です。史実とは少し異なる部分もあるようですが・・・。
この本は、管理栄養士さんの書いた「食の本棚」の中に、英国の食卓の
描写が素晴らしので紹介してありました。
それで読んでみることにしました。

 NHKの朝どら「マッサン」と重なり、興味深く読み進めることができました。
長編ではあったが、文章表現が理解しやすく読みやすい。
久しぶりに本の世界に入っていた。

 これに関連して、竹鶴政孝さんやリタさんに関する本を予約した。

[PR]
by juneyo | 2016-12-04 21:42 | 読書 | Comments(0)

あさのあつこの時代小説

 今日は朝のうちには陽ざしもあったが
お昼ごろから曇り空になり、時折小雨もあり。

 三が日も終わった。
年末年始は図書館の休館日が続くので、借りる日数も長くなる。
それを見込んで、多く借りた。

 岡山県生まれで、在住している作家さんである「あさのあつこ」さん
時代小説が面白い。
「バッテリー」が映画化されて、それを見て初めて名前を知った。
青春時代を背景にした小説が多いと思っていたが、時代小説も多くある。
「藤沢周平」に魅せられていたというだけあって、江戸時代の人情が巧みに
書かれている。ミステリーの流れも多くある。
秋から 8冊読んだ。
[PR]
by juneyo | 2014-01-04 14:37 | 読書 | Comments(0)