クリスマスローズが満開

 この2・3日は最低気温が-4℃という日もあり、冬に逆戻り。
庭のクリスマスローズも寒さで、朝はしんなりしている。
寒さに強く、元気に花が咲いている。
b0045709_21380861.jpg

b0045709_21384771.jpg

b0045709_21384592.jpg
b0045709_21383984.jpg
b0045709_21380567.jpg
b0045709_21380055.jpg
 種が落ちて生えたものを掘り上げて1年間育てた苗たち。
まだ、花芽は出てこない。2年目には咲いてくれるだろうか。
b0045709_21385276.jpg

[PR]
by juneyo | 2017-03-10 21:57 | 庭木 | Comments(0)

謹賀新年

穏やかな元旦を迎えました。
お節作りも簡素化し、ゆったりとした年越しをしました。
2017年の野菜畑も、今日の元旦のようにあって欲しいと願います。

母が通所リハビリのデイサービス所で作ったものです。
b0045709_17112469.jpg

[PR]
by juneyo | 2017-01-01 17:19 | | Comments(0)

金柑の甘露煮

 年末に入っても、最高気温が10度を超えてる日が続いている。
今日から明日にかけては雨マーク。
お墓掃除も昨日終えることができた。

 野菜畑は草が目につき始めたがそのまま。
今年の白菜は虫に食べられたり、巻かなかったりして30%は駄目になった。
でも、食べるには十分足りる。今年は冬越しのために外葉を巻いた。
 
 黄色になった金柑を収穫した。
緑色の物は木に残したが、その方が多い。
種なし金柑なので、下処理が簡単な甘露煮にした。
少し苦みが残ったが、金柑独特の味と思って食べている。

b0045709_11310327.jpg


[PR]
by juneyo | 2016-12-26 11:49 | Lunch & 料理 | Comments(0)

立春

 今朝の最低気温は-2.8℃、最高気温は10.3℃。
お正月のころは暖かかったが、寒中は寒さが厳しい日々。
今日は日中が10℃越えで、午後からは外仕事をした。

 庭の紅梅が開き始めた。
去年は蕾が少なく淋しい思いをしたが、今年は少し多めになった。
蕾の付いていない枝も多いが、満開になるのも間近だ。

b0045709_1111684.jpg

[PR]
by juneyo | 2016-02-04 21:54 | 庭木 | Comments(0)

節分

 節分には巻き寿司を作る。
丸かじりはしないで、切って食べる。
巻き寿司の具は、干し椎茸・ほうれん草・人参・穴子・卵焼き・
ちくわを巻いた田舎風。

b0045709_21222169.jpg

[PR]
by juneyo | 2016-02-03 21:57 | Lunch & 料理 | Comments(0)

春のかおり

 満開だった紅梅が散り、もうすぐ終わる。
真っ赤な椿やカーネーション椿が満開になった。
水仙も可愛い黄色をのぞかせている。
姫コブシは花数が少ないが、きれいに咲いた。
クリスマスローズは満開から終わりにかかりそうだ。
マーガレットは次々と開いていく。

 庭には花の香りがいっぱい漂っている。

 この季節が一年の中で、一番好きだ。
3月から4月へ、別れと出会いの季節である。
私的には、終わりから始まりの季節と受け止めている。
振り返ると、少しは嫌な思いをしたこともあるが、明るい
春であった。
ありがたいなあと、心から思える。
そんな人生を過ごせたことに感謝です。

 最近ではゆっくり春を楽しむ余裕も少なくなっていたが
今年はそれができそうです。
[PR]
by juneyo | 2014-03-28 12:56 | Comments(0)

異動の季節

 地元新聞紙の日刊に教職員の人事異動が掲載された。
一緒に勤務した先生や地区で一緒に活動した先生の動静を、毎年見ていたので、
今年も一通り目を通した。
年齢からみても、退職されたり昇進された先生の名前を見ることも多い。

 40代の思いがけない先生が退職されておられ、気がかりなこともある。
昨年度転勤されて、転勤はエネルギーが要りますと挨拶状をくれた仲間が、
退職されていた。
管轄地教委が変われば、地教委のシステムが大きく変わることもある。
パソコンでの事務処理も変わるが、堪能だったので心配ないと思うが・・。
仲間内の部会の取り組みも違ってくる。
少し落ちついた頃に、連絡をしてみよう。
[PR]
by juneyo | 2014-03-27 12:19 | 日記 | Comments(0)

大雪になりました

 昨夜10時ごろには降っていた雪。
降り続いて、今朝は7センチに積もっていた。
私の地域では、今シーズン初めての積雪。

 今も降り続いている。

 週末の雪で、平日よりはトラブルも少ないかな。
私立大学入試の行われる所が多いというニュース。
ソチオリンピック関連の番組を見ている家庭も多い日だろう。

b0045709_1074534.jpg
b0045709_1075444.jpg

[PR]
by juneyo | 2014-02-08 10:51 | 庭木 | Comments(0)

立春

 冬に逆戻りした立春の日。
北風が強い、昼間の気温は6度。

 
紅梅の蕾が膨らんできた。
(昨年は、鳥に食べられて花を見られなかった。)
 
b0045709_1158197.jpg


ろうばいの花
b0045709_11584974.jpg


庭におろしたクリスマスローズ
蕾が開いている。
b0045709_11591382.jpg


ガラス越しのマーガレットとカランコエ
b0045709_115926100.jpg


ガラス越しのクリスマスローズ
b0045709_11594270.jpg


玄関に入れている乙女サザンカ
b0045709_120194.jpg


部屋の中に入れているにおいラン
蕾がたくさん付いた
b0045709_1201137.jpg

[PR]
by juneyo | 2014-02-04 21:53 | 庭木 | Comments(0)

切り干し大根作り

 大寒が近くなり、寒さがますます厳しくなった。
17日は土用の入り、18日は土用の丑の日になる。
夏の土用・土用の丑は鰻と今も私たちの生活の中にある。

 冬の土用について、聞いたことがなかったが、
浮穴みみ著作の時代小説「寒中の花」をの中に書いてあった。
寒の土用の丑には、「丑紅」といってお化粧の紅を買う習慣があったそうだ。
江戸日本橋の町、茶漬屋「夢見鳥」の女将のお蝶が朝一番に紅白粉屋に買いに行く
風情が書かれている。
お店には「今日うしべに」の張り紙を貼り、番頭さんとお蝶との会話が弾む。
寒中の寒さの中で作られる寒紅は、体に良いと言われていたという。

 我が家では、春先になると大根が畑に何本か残る。
とうがたって花が咲いてしまう。
これも、もったいないので、切り干し大根を作ることにした。
ホームセンターを探して、「切り干し突き」を購入。

 大根2本で干し籠が一杯になる。
b0045709_13193872.jpg


 1週間寒風にさらしたら、水分が十分に抜けて、こんなに少なくなった。
b0045709_13201188.jpg


 乾燥した物も、とてもきれい。
b0045709_13202479.jpg

[PR]
by juneyo | 2014-01-18 21:16 | 畑と田圃 | Comments(0)