目に優しい緑

1月14日 (金) 9℃

 アンデルセンの童話 「みにくいあひるの子」を読んでいて、驚いたこと。
 あひるが卵をだいて温めていた。ヒナがかえり、少し大きい卵1個はなかなかかえりません。かえったヒナたちは巣からはい出し、緑の葉っぱや周りを見ていた。あひるのお母さんは、見たいだけ見せてやりました。なぜって、緑色というのは目のために良いからです。
とアンデルセンは書いています。1830年頃に、緑色は目に良いということをアンデルセンは知っていたのです。
驚きました。検索で目に緑が優しいのはどうしてかを調べて見た。

緑が人の目に優しい理由

[PR]

by juneyo | 2005-01-14 23:47 | 健康 | Comments(0)