中学時代の同窓会

8月12日 (日)
 40年ぶりの同窓会。
5名の先生方に臨席していただけた。同級生の懐かしい顔ぶれに笑みがこぼれる。
みんな今生きていることに感謝している、自分の存在が肯定できている、そして過ごした中学時代も肯定しているのだと思う。

 3年時の担任は岡大教育学部で体育専攻をされて新任して3年目の男性の体育教諭 S先生でした。
中学生の思春期の感情に揺れているのではと私のことを心配して母は放課後に先生に相談に行ったという。そのことをS先生が、みんなが帰った教室で私に「お母さんが相談に来られたので、このように話しておいたよ」と、話してくださった。S先生は私のことを理解してくださっていると強く意識した出来事だった。進路決定についても家庭事情から商業科高校を考えていたが、普通科高校を薦めてくださり、最終的に普通科の進学コースを選択した。まだ、自分が何になりたいかなどは考えていなく、漠然と高校卒業後は進学することを選択したのだ。
今思うに、この選択をしてよかった。S先生の薦めが無かったら、きっと人生が変わっていただろう。
一度、このお礼を伝えたいと思っていた。それができて嬉しかった同窓会です。
b0045709_2335244.jpg


 同窓会に芽生えているので、今度は小学校の同窓会を計画して欲しいの声があがってきた。みんなの思いは分かる、でも、幹事長は男性でないと・・・・というのが私の気持ちなのですが。
by juneyo | 2007-08-12 23:37 | 日記 | Comments(0)