NHKホールから生放送された、震災から3年・明日へのコンサート。
SMAPの中居正広さんと有働アナウンサーが司会を、3年連続でされている。
SMAP好きの私は、ずっと見ている。

 どんな形でもいいので繋がりあおう。
 一人ではない、誰もが支え合っている。
 未来を信じよう。
 日常の大切を、あらためて感じる。

 こんなことを思ったコンサートでした。

 2011.3.11のあの日、金曜日だった。
郵便局から帰って来た事務職さんが、「今、テレビで地震と津波が出ていたよ」と言った。
職員室にいた私たちは、校長のつけた悪夢のようなテレビ画面に釘付になった。
土曜・日曜日も時間があればテレビをつけていた。

 その後一週間は帰宅すると、テレビに見入っていた。
東北にも三陸海岸にも行ったことはないが、あまりの酷さに私の頭の中は沈み込んでしまった。
それでも目を離すことはできなかった。
あまりのショックに、声がいつしか潤んできていた。


 学校では、この日は日の丸を半旗にして掲揚し、午後2時46分には黙祷している。
学区の中学校の前を通った時、半旗が見えた。
私も黙祷をした。

 
[PR]
by juneyo | 2014-03-11 22:36 | 日記 | Comments(0)
 「震災被災地のに仮設住宅で暮らす方に、無垢床タイルを届けよう。」
この被災地支援プロジェクトの第1弾が、届けられた。
地元の方の声や新聞報道記事がニシアワーHPに掲載されている

 12月1日までの支援が223世帯分。
目標が500世帯分なので、まだまだ支援をしてくださる贈り主を一般募集中です。
[PR]
by juneyo | 2011-12-04 09:42 | 情報

震災後の仮設住宅

  宮城県の3階建て仮設住宅が完成し、入居が始まったとニュースがあった。
これで仮設住宅の建設も終わりだそうです。

 東北はこれから寒い冬に向かい、仮設住宅の暖房対策に支援がシフトしている。
最近では「こたつを送ろう」というプロジェクトもあった。
仮設住宅で暮らす方に「無垢床タイルを届けよう」というプロジェクトがある。
西粟倉村の間伐材を使って森と村の再生を進めているニシアワー(運営:西粟倉・森の学校)が取り組んでいる。
500世帯分を目標にしていて、現在181世帯分の支援申し込みが届いているそうです。
[PR]
by juneyo | 2011-11-06 13:10 | 日記

大地震と大津波の災害

 11日午後2時40分過ぎに三陸沖で起きた地震で、東北地方の太平洋側沿岸では、津波の大災害が発生。
勤務校では、郵便局へ行った事務職さんが「今、局のテレビで地震お津波があったと出ていた」と帰ってこられた。職員室のテレビをみんなで見た。
テレビの映像を発生直後から見ているが、あまりの大災害に声も出ない。
津波の威力・家が破壊され町が消える・町の大火災・コンビナート火災等・・・・
さらに、原子力発電所のトラブルと放射能漏れの不安が起きている・・・
時間がたつとともに、その被害が今までにないものが分かってきている。

 被災地の方の心痛は大変なものでしょう。
被災地の方々は、停電や通信手段がなく、この災害の全容が伝わってないようです。
テレビから離れられないで、今日もずっとテレビをつけている。

 被災地の皆様には心からお見舞い申し上げます。

原子力資料情報室からの情報発信があります。是非、読んでみてください。
[PR]
by juneyo | 2011-03-12 18:59 | その他

私の道草日記です。


by juneyo